従量制課金接続とは

従量制課金接続とは

これは、利用しているインターネット サービス プロバイダーがデータ使用量に対して課金するかどうかによって異なります。ここでは、一般的なガイドラインをいくつか示します。
Wi‑Fi ネットワーク – Windows では Wi‑Fi ネットワークは既定で定額制に設定されます。ただし、利用しているインターネット サービス プロバイダーがデータ使用量に対して課金する場合は、ネットワーク接続を従量制に設定すると、データ使用量を制限するのに役立ちます。
モバイル ブロードバンド ネットワーク – Windows ではモバイル ブロードバンド ネットワークは既定で従量制に設定されます。ただし、利用するモバイル ブロードバンド サービスが実際には無制限である場合は、ネットワーク設定を定額制に変更してください。

適切な設定が不明な場合は、データ使用量に注意してください。データ使用量の超過に対して課金されていることがわかった場合は、ネットワーク接続を従量制に設定すると、データ使用量の管理に役立ちます。

インターネット サービス プロバイダーは、使用されたデータの量 (ユーザーの PC で送受信されたデータの量) を単位として課金することがあります。これを、従量制課金接続と呼びます。これらの課金プランには、多くの場合データ制限があり、その制限を超過すると、追加料金を支払わなければならない場合があります。課金プランによっては、追加料金は課金されなくても、課金期間が終わるまで接続速度が低下する場合もあります。

従量制課金接続がある場合、Windows でネットワーク接続を従量制に設定すると、送受信するデータの量を減少させるのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です