xbox アプリへのサインインの問題を解決する

Xbox アプリへのサインインの問題を解決する

Xbox アプリへのサインインで問題が発生した場合の解決策をいくつか紹介します。
インターネットに接続していることを確認します。
Xbox.com にアクセスしてサインインしたら、Xbox サービスとお使いのアカウントに問題が発生していないか確認します。
お使いの PC で、 [スタート] 、 [設定] 、 [時刻と言語] の順に選びます。 [日付と時刻] で [時刻を自動的に設定する] が有効になっていることを確認します。
これらの解決策で問題が解決しない場合は、 [スタート] 、 [設定] 、 [アカウント] の順に移動し、Xbox アプリにサインインするための Microsoft アカウントを見つけたら [削除] を選びます。 その後 Xbox アプリに戻り、さきほど削除した Microsoft アカウントでサインインします。

Windows 10 版 Xbox アプリで Xbox One が表示されない

Xbox One の電源が入っており、Windows 10 PC と同じサブネットに接続されていることをご確認ください。 確認できた場合は、Xbox One の IP アドレスを指定します。 Xbox One の IP アドレスを確認するには、[設定]、[ネットワーク]、[詳細設定] の順に選択します。

xbox アプリへのサインインの問題を解決する
xbox アプリへのサインインの問題を解決する

Xbox アプリを起動します。 ナビゲーション ウィンドウで [接続] を選択した後、[Xbox One がリストにない場合は、 本体のIP アドレスを入力してください:] ボックスに Xbox One の IP アドレスを入力します。次に、[接続] を選択します。

問題が解決しない場合は、Xbox One が Windows 10 PC と同じサブネットに接続していない可能性があります。 Xbox One と Windows 10 PC が同じネットワーク上にあることをご確認ください。

重要: 2.4 GHz ネットワークと 5 GHz ネットワークで同じ SSID (ネットワーク名) を共有していないことをご確認ください。

ワイヤレス ルーターには、2.4 GHz ネットワークと 5 GHz ネットワークの両方で単一の名前 (SSID) を既定で使用するものもあれば、周波数帯を特定できるように個別の 2 つの名前を既定で使用するものもあります。 お使いのルーターが両方のネットワークで同じネットワーク名を使用している場合は、それぞれのネットワークに異なる名前が割り当てられるように、ルーターを構成することができます。 それぞれのネットワークに個別の名前を割り当てることで、PC や Xbox One を、特定のネットワークや周波数帯を使用するように明示的に構成することができます。

最後の手段として、PC と Xbox One 本体の両方を再起動します。接続の問題が解決される場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です